建材の選び方

安心安全な生活のための建材の選び方

適切な建材を使えば、より快適で安全安心なライフスタイルを送れます。

このセクションでは、

  • 内装、床、壁の建材の選び方
  • 外装や構造部分の建材の選び方

を紹介します。

内装や床、壁の建材の選び方

内装や床、壁の建材は用途にあったモノを選びましょう。

注意する点

  • 耐火性
  • 耐水性
  • 滑りにくさ
  • 耐汚性
  • 質感

耐火性

キッチン回りなど火を使うところでは、耐火性のある建材が適しています。

耐水性

キッチン、トイレ、洗面所などの建材は耐水性がある建材が適しています。

滑りにくさ、耐汚性

小さい子供やペットがいる場合や、またリビングの床用の素材には、滑りにくく安全、汚れがつきにくく掃除のしやすい建材がおすすめです。

質感

床材の素材一つで部屋の印象はぐっと変わります。コルクフローリングは温かみもあり、子供がいる家庭にお勧めです。コルクタイルなら、家を建ててしまった後でも部屋に設置することができます。

外装、構造部分の建材の選び方

外装や構造部分の建材を選ぶときは、自分が住む環境にあった建材を選ばなければなりません。

日本に適した建材の選び方

日本で建材を選ぶときはまず

  • 耐震性能
  • 通気性

に注意しましょう。

ここでは

  • 木造
  • 鉄筋コンクリート
  • ダイライト

を紹介します。

木造

通気性がよく、質感も日本人好みです。しかし地震や火災のリスクがあります。

鉄筋コンクリート

非常に加工しやすく、断熱性が低いため夏は暑く冬は寒いです。

ダイライト

この建材は日本の気候、環境に適した素材です。

地震、火災、湿気、シロアリに強いですが価格が高いのがデメリットです。