内装の建材 床材のススメ

概要

ここでは、屋内の建材のうち床材について紹介します。

床材は家の中の広い面積を占めています。

当然のことながら、部屋の印象に一番といっていいほど大きな影響を与えます。

また、床には毎日体が触れることになるので、とっておきのものを選びたいものです。

床材の種類

床材の種類には主に

木製/木目調のもの

  • 複合フローリング
  • 無垢フローリング

コルク調

  • コルクフローリング

打ちっぱなし

  • コンクリート

などがあります。

今回はこの中でも

  • 無垢フローリング

  • コルクタイル

について詳しく紹介します。

フローリングに関してはこのサイトでも紹介されているので一読をお勧めします。

無垢フローリング

無垢フローリングの特徴は、何よりも複合フローリングにはない質感を楽しめることです。

独特の木の温かみもあり、小さな子供からご高齢の方まで、多くの層にお勧めです。

湿気を吸収してくれる効果もあり湿気の多い日本にぴったりです。

日焼けや経年変化で深みのある質感に変化していくのを見られるのも魅力の一つです。

もちろん最近の複合フローリングはコストパフォーマンスもよく、機能性豊かなので選択肢に入れてもいいでしょう。

コルクタイル

コルクタイルは文字通りコルク素材でできたタイルです。

柔らかな質感を醸し出してくれます。

また衝撃吸収性が高く転んでも安全なので、小さな子供やお年寄りの方がいるおうちにお勧めです。

コルクタイルは、一回床を張ってしまった後でもあとから備え付けやすいので、部屋の雰囲気を少し変えたい時に手軽にできるのもお勧めする点の一つです。